MENU

ミテ・ハナソウとは?

ミテ・ハナソウとは?

学校から初めて美術館にやってくる子どもたち、美術館は敷居が高い、と思っている大人の人たちに、自分の目で作品をみるおもしろさを伝えたい。さらに、いつも美術館をたのしんでいる人たちにも、ちょっと違ったたのしみ方を知ってほしい・・・。

そんな気持ちで、対話による美術鑑賞プロジェクト「ミテ・ハナソウ」は始まりました。

「ミテ・ハナソウ」とは文字通り、作品をよくみて、お話ししながら鑑賞しよう、という佐倉市立美術館のプロジェクト。ミテハナしながら、「作品とあなた」、「美術館とあなた」の、新しい物語を紡いでいただければと思います。

 

対話型美術鑑賞について

グループで一つの作品をみて一人一人が感じたり考えたりしたことを、自由に話していく鑑賞の方法です。
美術の知識がなくても大丈夫!
作品をよくみて、お互いに様々な意見を聞いていると新たな考えが浮かんできます。

ミテ・ハナソウでは、ニューヨーク近代美術館が80年代から研究開発してきた鑑賞方法をさらに学校教育を意識して進化させたVisual Thinking Strategies(ビジュアル・シンキング・ストラテジーズ)をベースとした手法で対話を紡いでいきます。

一つの正解を追求するのではなく、よくみて自分の考えを言葉にすることで、観察力、思考力、コミュニケーション力、そして考え続ける力がつくとされています。

おもに3つの問いかけで対話がすすみます